人の外と中

こんにちは!
今回のテーマ「incubation」はかなり難しいトピックでした。
自分自身が「新しく生まれ変わったぞーー!」と感じることは日々暮らしててそんなにありません。
日常のことで言えば、例えば何でもかんでも洗濯機に入れちゃえばいいわけじゃなくて表示を見ることの重要性にようやく気付けたことくらい。
でも、東京で暮らすようになってできるようになった、新しい考えがありました。
それは内面の重要性です。

私は東京に上京してきてもうすぐ1年になりますが、東京は本当に街を歩けばたくさんの「可愛い人」がたくさんいます。街中を歩いている人もおしゃれな人はたくさんいるし、そこらじゅうにある広告には完璧なスタイルのモデルのポスターや映像が流れている……。

これは東京だけのことではないけど、インスタグラムなどのSNSを見てると山ほど目につく、フォロワーが多い、センスのいい人、おしゃれな人がたくさんいます。そんな人たちと自分を比べてしまって「自分はどうしてあんな風にはなれないんだろう」と、惨めになり欲深くなってしまう時期がありました。

今思うと、自分はSNSやメディアが作り上げた「可愛い」に惑わされていて、外見ばかりが気になるようになっていたのかなと思います。

それから自分で色々と考えたり、友達の話を聞いたり、本を読んだり、”self love”(自分への愛)についての意見を述べてる子たちの動画を見ていると
本当に魅力的な人は、内面性も兼ね揃えていて、その内面から湧き出てくる(?)外見の魅力なんだなということに気付けました(もちろんそれはルックスだけの問題ではなくその人のセンスだったり、話してることだったり……)。

誰でも可愛くなりたいと思ったり、憧れる人はいて、その人に近づきたいと思って努力することはすごいことだと思います。
でもいくらその人がすごく可愛くって、完璧な写真をSNSに載せていても、その人の人柄、その人がたどってきた道は誰もわからないし、その人の真似をすることが自分にとって良いこととは限らない、もしかしたらそんな可愛い人でも中身は空っぽかもしれません(すみませんひどい言い方で)。

だから他と比べてても何も変わらない、むしろみんな違うことが当たり前。

自分自身に自信が持てるように、好奇心を持って沢山好きなことを吸収していって、時には失敗もして、その経験から内面に蓄積していけばいいんだなと気づくことができました。

言葉にすると薄っぺらく聞こえるかもしれないけど、自分の好きなことをどんどんやって、仲のいい友達と沢山遊んで、自分をいい環境に置くと自信もついてくるんじゃないかな~と思っています。

内面に自信が持てれば、それは次第に外見にもついてくるのかな(書きながら自分にもまた言い聞かせてます・笑)?

いろいろな意見はあるかもしれないけど、私は自分自身の外見を受け入れることに気がつけて本当に良かった。
このことは、振り返って考えてみれば自分にとって大きな進歩、incubationです!

Writer's Profile

honami